ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.03.04 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.05.01 Thursday

般若心経アプリ、読経が人気です!

アプリ.jpg
 今年は、般若心経を唱えながら弘法大師・空海の修行の足跡を訪ねて巡る四国遍路が始まってから1200年の節目の年です。 
 それが理由かどうかは分かりませんが、僕と詩人の松兼功さんとで作ったアプリ「寄り添う般若心経」が、いつも以上の順位になっています。アプリ内の僕も加わっている般若心経の「読経」、ダウンロードしていただいた方には、とっても好評です。
 因みに、iPad・ライフスタイル・有料部門で31位の「星空時景」も知人の星景写真家の作った人気アプリ。こちらも是非ご覧ください。
2013.02.06 Wednesday

四国遍路の連載開始

_MG_0084.jpg

 先日創刊された「仏教を歩く」(朝日新聞)で、「週刊お遍路さん」の連載が始まりました。これは、10年ほど前に発行された「仏教を歩く」が復刻された物です。当時も人気の週刊百科でしたが、先の見えない現代の状況を踏まえ、改訂版が再発行されました。
 さて、週刊お遍路さんでは、四国四県を、それぞれ7日間で巡るモデルコースに仕立ててあります。昔の遍路情緒豊かな道は極力歩く・一日の平均徒歩は20キロ・バスやタクシーの利用も想定した徒歩遍路入門です。
 遍路は春の季語、実際に四国を歩くのは難しくとも、バーチャル遍路だけでも楽しい構成にしてありますので、是非、書店で手にとっていただけたら幸いです。
 また、遍路には切っても切りはなせない「般若心経」は、読経も聞ける人気iOSアプリ「寄り添う般若心経」(85円)と、書籍の「寄り添う般若心経」(小学館)もどうぞご参考に。
2012.05.28 Monday

+ 松兼功の日常記(著書紹介08)

松兼さん08ウエブ.jpg

『 この子がいる、しあわせ 』

 2004年 中央法規出版


自らも脳性マヒの著者が2年間にわたり、さまざまな障がいをもつわが子と

共に生きる4人の母親たちを取材して書き上げた一冊。

帯にある「大変だけど、それだけじゃない」は、まさに彼女たち4人に共通する

人生のキャッチコピーであり、その生き様には

万人に通じる“人間力”がみなぎっている。


松兼さんが出した17冊の本の一部を時々紹介しています。
お問い合わせはこちらから

2012.05.11 Friday

+ 松兼功の日常記 (著書紹介07)

 松兼さん07ウエブ2.jpg

「孤独の居場所」
旬報社  2000年

下谷二助氏とのコラボレーションの第二弾。
独りが悲しい時、独りになりたい時、独りで考える時、
選び抜かれた言葉たちとイラストレーションが心地よくあなたを包む。
孤独と会話し、自分を見つめ直すとっておきの散文集。

松兼さんが出した17冊の本の一部を時々紹介しています。

「寄り添う般若心経」の詩の一部は、「孤独の居場所」が初出です。
書籍はこちらから
iPhone & iPadアプリはこちらから
お問い合わせはこちらから
2012.05.07 Monday

+ 松兼功の日常記 (著書紹介06)

 松兼さん06aウエブ.jpg

『やさしさの引力』

中央法規出版  1999年


宇宙の無限、それと裏腹な人間のちっぽけさを心に抱けば、

人と人との間にある“違い”やバリアは

少しずつ解けていく。そんな思いを伝えたくて、画家葉祥明氏とともに紡いだ癒やしの

詩画集。その引力に、生きていることがまた愛おしくなる。


    松兼さんが出した17冊の本の一部を時々紹介しています。

「寄り添う般若心経」の詩の一部は、「やさしさの引力」が初出です。
書籍はこちらから
iPhone & iPadアプリはこちらから
お問い合わせはこちらから

2012.05.03 Thursday

+ 松兼功の日常記 (著書紹介05)


松兼さん05ウエブ.jpg


「 ボランティアしあおうよ 」
岩崎書店  1997年

著者自身のいくつもの実体験を具体例にして、一方的に与え、与えられるものでなく、
お互いを、出来ることで支えあう双方向のボランティアの姿と
意味をわかりやすく描いている。とりわけ、ボランティア初心者や
これから始めようとしている人たちにお薦めの一冊。

2012.05.03 Thursday

祝、10000ダウンロード!!

 コンタクトシート-001.jpg

iPhone & iPad アプリ「寄り添う般若心経」が、速報値で10,000ダウンロードを達成しました。ちょうどリリース後1年目になります。皆様の応援に感謝します。
2012.04.28 Saturday

NHK・ラジオ井戸端会議に生出演 5月1日16:05〜

 ラジオウエブ.jpg

5月1日(火)の16:05〜1時間弱のワクで、NHK・ラジオ井戸端会議に生出演します。4月上旬に出演予定だった放送が、国会中継が入った関係で延期されていました。

今までに会った約200人の満百歳以上のお年寄り「百歳王」 元気で百歳まで生きて「今が一番幸せ、私は自由」といった心持ちで暮らす百歳王との出会いから、幸せの意味や笑顔の効能について、お話しできればと思っています。どうぞ、お聞きください。

番組でも紹介する百歳王の笑顔が満載(二つのアプリで120人以上)のアプリ「百歳王・笑顔の時」(85円)と「元気百歳になる方法」(無料)もよろしくお願いします。

表紙ウエブ.jpg

01ILC表紙ウエブ.jpg

2012.04.27 Friday

+ 松兼功の日常記 (著書紹介04)


 松兼さん04ウエブ.jpg

「 あっかんべえ 」
旬報社 1996年

目の前の"生きづらさ"一つひとつと相対している毎日から生まれた詩と文章でつづる。
若い世代へのちょっぴり不真面目な応援歌。奇才として知られるイラストレーター・下谷ニ助氏の絵が、その
不真面目さをライトアップしている。
  
         松兼さんが出した17冊の本の一部を時々紹介しています。
「寄り添う般若心経」の詩の一部は、「あっかんぺえ」が初出です。
iPhone & iPadアプリはこちらから
お問い合わせはこちらから
2012.04.25 Wednesday

寄り添う般若心経の「お守りの呪文」( + 松兼功の日常記)

ギヤテーウエプ.jpg 
般若心経では、「空/Ku-u」の思想、つまり、「こだわりを捨てる事による心の平穏」と同時に、皆さんもよく知っている「ギャーテー、ギャーテー・・・・・」の呪文を唱えなさいと説いています。

この「ギャーテー、ギャーテー」は、真言(マントラ)として、としも神聖なことばなので、訳すべきではないとも言われていますが、あえて、意味を伝えるならば、「こだわる事によって生まれる苦しみから解放された悟りの彼岸に渡りましょう」といった意味になるそうです。

ただし、こだわりを捨てる事に執着すれば、「こだわらない事」にこだわってしまいます。難しいですね。
Powered by
30days Album
Sponsored Links